百貨店を名乗る不審電話【暮らしのヒント】

西日本新聞

 【事例】「百貨店を名乗る電話があり、『あなたのクレジットカードを不正に使って買い物されている。キャッシュカードも悪用される可能性があるので、すぐに銀行協会へ電話して』と言われた。教えられた番号に電話すると、銀行の口座番号や暗証番号を聞かれたが、クレジットカードを持っていないので『息子に相談する』と言うと電話が切れた」

 百貨店の他にも家電量販店、銀行や警察などを名乗る電話で、暗証番号などを聞き出そうとする同様の事例が起きています。クレジットカードの話から入り、キャッシュカードに話題を移すのも共通点。自宅を訪ねてきた人物から、カードをだまし取られるなどの手口が増えています。百貨店などが直接、「クレジットカードが不正に利用されている」と連絡することはありません。このような電話はすぐに切り、心配な場合は自分で店の連絡先を調べて直接確認してください。銀行の業界団体や警察などが、電話で暗証番号を聞くこともありません。

 「銀行口座」「キャッシュカード」「暗証番号」というキーワードが出たら、一切相手にしないで電話を切り、家族や警察に相談しましょう。

 (福岡市消費生活センター

*****

 ご相談は、お住まいの地域の消費生活センターまたは消費者ホットライン(局番なしの188)へ

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ