「早くコロナ収まって」織り姫、ひこ星に短冊でお願い 七夕神社

西日本新聞 社会面

 七夕の神を祭る日本最古級の神社とされる福岡県小郡市の「七夕神社」(正式名・媛社(ひめこそ)神社)で6日、全国各地から寄せられた短冊を奉納する神事があった。

 毎年、短冊を燃やして祈願する「たき上げ」などの神事に合わせ約50万枚が集まる。だが今年は新型コロナウイルスの影響で行事を縮小したこともあり、数万枚にとどまった。

 それでもこの日は、思いを込めて短冊を持ち寄る人の姿も。中には「早くコロナが収まりますように」と書かれた短冊もあった。年に一度しか会えない織り姫とひこ星だけに、「社会的距離」を取るつらさを分かってくれる?

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ