博多旧市街ライトアップウォーク コロナ感染拡大で中止

西日本新聞 ふくおか都市圏版 手嶋 秀剛

 博多の秋の夜を幻想的な光で彩る「博多旧市街ライトアップウォーク」の実行委員会は7日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、今秋の行事を中止すると発表した。

 毎秋恒例の行事は2006年に始まり、博多の中心街の寺社などを色鮮やかな照明で彩る。昨年は10月に18会場で開催し、4日間で延べ10万人が訪れた。昨年まで14回開いた行事の総来場者は延べ105万人。

 行事は「博多灯明ウォッチング」(博多部まちづくり協議会主催)とともに、博多の新たな風物詩として親しまれてきた。実行委事務局の博多区企画振興課は「来年以降、開催できる状況になれば再び華やかな光で博多の街を彩り、魅力アップに取り組みたい」と話す。 (手嶋秀剛)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ