ステージ3の目安超える福岡県「指標の活用策検討」

西日本新聞 総合面 黒石 規之

 九州で突出して感染者が多い福岡県。病床の逼迫状況を表す使用率など医療提供体制の負荷に関する数値が、感染急増期に当たる「ステージ3」の目安を超過。それ以外の指標でも、PCR陽性率以外の数値は軒並み、ステージ3の目安を上回っている。

 福岡県の確保病床の使用率は、4日時点でステージ3の目安(25%)を大きく超える55%。県は確保病床の使用率が50%を超えたことを受け、5日に対策を強化する独自の「コロナ警報」を出した。小川洋知事は「病床や宿泊療養施設を増強すべく調整作業を加速する」としている。

 県幹部は「全国的な統一指標ができたことで他県との比較がしやすくなるのではないか」と評価する一方、「すでに県独自の指標があるので、分科会がまとめた指標をどう使うかは今後考えないといけない」と話した。 (黒石規之)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ