『ひかりのぼうけん』 マリー・ヴォイト 作・絵 (岩崎書店・1540円)

西日本新聞 くらし面

 「えほんがだいすきなベティ」と、絵本から飛び出してきた「くらいところがにがてなくまのコスモ」が体験する一夜の冒険。チョウチョのような光に導かれ、2人が向かった先は「だれもしらないどうくつ」。怖がるコスモを励ましながら奥へ奥へと進むと、そこには「あかりはすべてけすこと」のメッセージが。勇気をふるってランプを消すと-。夢を育む絵本の魅力がぎっしりつまった一冊。作者はドイツ出身の作家。訳は宮崎市在住の歌人の俵万智。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ