♪緑の丘の赤い屋根 とんがり帽子の時計台…

 ♪緑の丘の赤い屋根 とんがり帽子の時計台-明るいメロディーに合わせて、高齢者たちが生き生きと体を動かす。3年ほど前から時々取材に行く高齢者教室での印象的な場面。曲を作ったのがNHK朝ドラ「エール」のモデル、古関裕而(1909~89)なのだと、つい最近知った。

 終戦間もない47~50年に放送されたラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の主題歌だという。「父さん母さん、いないけど」という歌詞が気になっていたが、戦災孤児たちの共同生活を描いたドラマだったのだそうだ。高齢の方たちにとっては、忘れられないメロディーなのだろう。

 出身地にある福島市古関裕而記念館のホームページを見ると「ああ、この歌もそうだったのか」という曲が多いのに驚く。全国各地の校歌も作っていて、福岡県内だけでも17校ある。どんな校歌なのか訪ね歩く。コロナが収まったら、そんな取材をしたいと思っている。 (今井知可子)

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR