「密」避けて今夏もラジオ体操 広々空間で元気いっぱい 舞鶴公園

西日本新聞 ふくおか都市圏版 横田 理美

 福岡市中央区の舞鶴公園で今夏もラジオ体操が催されている。主催する市緑のまちづくり協会スタッフの出勤時刻に合わせ8時40分開始と「お寝坊さんでも間に合う」遅めのスタートが魅力。カセットテープやCDの音源ではなく、同時刻にラジオから流れる「ラジオ体操第1」と「第2」に合わせて行う正真正銘のラジオ体操だ。

 今年で4年目。新型コロナウイルスの影響で中止を決める自治会も少なくない中、場所が広く「密」を避けられることから実施を決めた。5日には約10人が集まり、青空と深緑の下で深呼吸。広々とした空間で元気いっぱい腕を伸ばした。同区大手門の柴田久美子さん(66)は「ラジオ体操は子ども時代以来。やっぱり外で体を動かすのは気持ちがいいね」と汗を拭った。

 13~15日のお盆期間を除く28日までの平日に実施している(雨天中止)。場所は平和台陸上競技場東側で「4」の札が掛かったニセアカシアの木が目印。予約不要で、マスクを着けて参加する。舞鶴公園管理事務所=092(781)2153。

(横田理美)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ