J1鳥栖監督が新型コロナ陽性 選手ら関係者全員にPCR検査

西日本新聞

 サッカーJ1のサガン鳥栖は11日、金明輝監督(39)に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されたと発表した。濃厚接触者はトップチームのスタッフ3人。選手を含め、すでにチーム関係者全員にPCR検査を実施しており、症状があると申し出た人はいないという。

 クラブによると、金監督は8日昼に体調不良を訴えたが、夜に茨城県鹿嶋市であった鹿島戦を指揮した。9日に倦けん怠たい感を覚え、夜には38度の発熱。10日に佐賀県内の病院でPCR検査を受け、同日午後に陽性と判定された。現在は県内の病院に入院中で、平熱に戻っているという。(星野楽)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ