【★どうが★やさしい日本語】新(あたら)しい 種類(しゅるい)の ハエに 中村哲(なかむらてつ)さんの 名前(なまえ)を つけた

西日本新聞

佐賀さが大学だいがくの  研究けんきゅうチームが、あたらしい  種類しゅるいの  ハエを  つけました。

2019ねん12月  がつ研究けんきゅうチームが  あたらしい  ハエの  名前なまえを  かんがえているときに、かなしい  ニュースが  ありました。

アフガニスタン(Afghanistan)で、日本人にっぽんじんの  中村哲なかむらてつさんが  くなりました。

だれかが  じゅうで  中村なかむらさんを  ったからです。

中村なかむらさんは  医者いしゃで、  福岡ふくおかの  出身しゅっしんです。

ながい  あいだ、  アフガニスタンや  パキスタン(Pakistan)の  ひとたちを  たすけました。

病院びょういんを  つくったり、農業のうぎょうのための  井戸いどを  つくったりしました。

研究けんきゅうチームは  中村なかむらさんを  尊敬そんけい(respect)して  いました。

中村なかむらさんは  むしが  きな  ひとでした。

研究けんきゅうチームは、あたらしい  ハエの  名前なまえを、  中村なかむらさんの  名前なまえにしようと  かんがえました。

中村なかむらさんの  家族かぞくも  ゆるして  くれたので、あたらしい  ハエの  名前なまえを「Massalongia nakamuratetsui」(マッサロンジア・ナカムラテツイ)に  めました。

研究けんきゅうチームの  メンバーは「むしの  名前なまえにすることで、これからも  おおくの  ひとに、  中村なかむらさんの  すばらしさを  って  ほしいです」と  はなしました。

もとの  記事きじは  こちら

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ