「貴女の心もいつしか…」戦死の祖父が送り続けた“ラブレター”

西日本新聞 一面 久 知邦

 「戦死した祖父の事をもっと知りたい」。福岡市の北本直子さん(49)から、あなたの特命取材班に連絡があった。レイテ沖海戦で亡くなったと言われていた海軍少尉の祖父が、実は陸上で戦死していたことが最近はっきりしたという。鼻筋が似ていると言われる写真の中の祖父。北本さんと共に足跡をたどった。

 「小さい頃、フカヒレは食べたらだめだと母に言われていました」と北本さんは話す。乗っていた軍艦が撃沈され、祖父がサメに食べられたかもしれないというのが理由だ。ただ、いつ頃からか、親族の間で祖父は陸で戦死したと言われるようになった。

 詳しい理由を聞かないまま、2003年に母紀代子さんが死去。翌年に祖母チエ子さんも亡くなった。疑問を解消しようと18年に厚生労働省から軍籍を取り寄せ、19年には海軍関係の博物館も訪ねた。戦死の状況はある程度把握できたが、祖父がどんな人物だったのかまでは分からない。そんな折、特命取材班から「戦争の記憶」に関する情報提供の呼び掛けがあった。

 祖父、渡瀬次男さんの軍籍を見せてもらった。

 1944年6月に駆逐艦夕月への乗り組みを命じられた次男さんは、同年10月のレイテ沖海戦には参加していない。その年の12月、フィリピン・レイテ島への海上輸送作戦中に米戦闘機から攻撃を受け、夕月は沈没。船を失った乗組員は海軍陸戦隊に編入され、首都マニラの防衛に当たった。45年2月、上陸してきた連合国軍と市街地で戦闘になり、「壮烈なる戦死を遂げた」と軍籍には記されていた。29歳だった。

 次男さんには、一回り年が離れた弟がいた。北九州市の渡瀬卯二生(うじお)さん(93)。戦後、マニラ市街戦の生き残りを鹿児島県に訪ねた際、「切り込み隊になって敵に突撃し、全員死んだ」と聞かされた。卯二生さんは「兄はきちょうめんで手紙をよく書いていた。文章を書くのが上手だった」と話した。

 筆まめだった次男さんが妻チエ子さんに宛てた手紙が、故郷の熊本県に残っているという。

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ