トウモロコシを「トウモコロシ」。小さな子の言い間違いはほほえましい…

西日本新聞 社会面 鶴丸 哲雄

 トウモロコシを「トウモコロシ」。小さな子の言い間違いはほほえましい。わが4歳の娘も大好きな乳酸飲料を「カラスピ」、テレビを「テベリ」と呼ぶ。かわいいのであえて直さないでいたが…。

 保育園帰りのコンビニで娘が「パパが置き去りにしたー」と騒ぎだした。娘お目当ての菓子がなく「他の店に行こう」と告げただけ。望み通りにならぬことを「置き去り」と誤認しているようだ。店員の視線が痛い。自転車に乗せても「置き去り」を連発するので「人聞きの悪いこと言うな」と怒鳴ってしまった。

 帰宅後、娘にいかに日頃の言葉遣いがおかしいか言い聞かせつつ、ふと自分を顧みた。災害や事件事故。いろんな報道に携わってきたが、当事者に「置き去りにされた」と感じさせたことはないかと。

 そう言えば、近頃は忙しくて娘のおしゃべりも受け流していた。育児も仕事も大切なのは寄り添う姿勢か。また4歳に教わった。 (鶴丸哲雄)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ