アメリカ兵が上陸して乱暴するという噂が広まり、急にこわくなった 言葉を刻む(64)

西日本新聞 社会面

アメリカ兵が上陸して乱暴するという噂(うわさ)が広まり、急にこわくなった

 (福岡市、平和台球場場内放送係の女性)

 1955年8月15日の本紙で、10年前の「8・15」を語る企画に登場した24歳。敗戦直後を振り返り、「学校を卒業したばかりで意味がはっきりとわからず、そう深刻な気持ちにはならなかった」。だが、夕方ごろになるとうわさが広がり、一気に不安が増したという。同じ記事で、市内の百貨店でエレベーター係をしていた当時23歳の女性は「女、子供は山に隠れろということになり、ガタガタ震えた」と話している。

   ◇   ◇

 西日本新聞は戦後75年の節目を多角的に伝えていきます。戦争世代にしか語れない証言、後世に残したい手記、保管している資料などの情報を以下の要領でお寄せください。内容に応じて、記者が問い合わせや取材を行います。

 住所、氏名、年齢、連絡先を明記し、手紙かファクス=092(711)5110、無料通信アプリLINE(ライン)で「あなたの特命取材班」へ。

 【宛先】〒810-8721(住所不要)西日本新聞 あなたの特命取材班

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ