旅描くイラスト40点 まるでロードムービー 元ドラマー九州初個展

西日本新聞 ふくおか版

 温かな色使いとポップなデザインで注目を集めているイラストレーター、高城琢郎さん(31)=神奈川県在住=の作品展「ロード」が、福岡市中央区大名の「CARBON COFFEE ART OF LIFE」で開かれている。「旅」をテーマに描かれた約40点が並び、カフェの客を楽しませている。

 作品は「シルクスクリーン」と呼ばれる、布を使った版画で手掛けられている。大型バイクでさっそうと走る男性や、曲がりくねった道路をドライブする男女などが鮮やかな色彩で描かれており、まるでロードムービーを見ているような気分にさせてくれる。

 高城さんは元々ミュージシャンで、所属していた人気バンド「ふくろうず」ではドラムスを担当。メジャーデビューも果たしたが、2011年に脱退し、その後イラストレーターに転身した。最近はNHKの語学テキストの表紙を飾ったり、大手百貨店や鉄道会社などの広告を担当したりと、精力的に制作活動を展開している。

 今年初め、高城さんの作品に関心を持った「CARBON COFFEE」の関係者から「うちの店でもぜひやってほしい」と声を掛けられ、九州での初個展が実現する運びになった。

 「コロナ禍で旅行を自粛している人も多いと思うので、絵を見て旅をしている気分になってもらえたら」と高城さん。展示は9月6日まで。CARBON COFFEE=092(781)2270。 (永松幸治)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ