王位戦第4局初日終わる 相掛かりの戦型に

西日本新聞

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑む第61期王位戦の7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)が19日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で始まり、午後6時19分、後手番の藤井が42手目を封じて初日を終えた。

 藤井の3連勝で迎えた大一番。藤井が勝てば初の王位獲得で、最年少での二冠と八段昇段を果たす。

 先手番の木村が初手2六歩と突き、相掛かりの戦型に。歩交換で木村が2五飛(23手目)と中段に引き、藤井も7六飛(30手目)と横歩を取ったことで、双方の飛車を巡る駆け引きになった。藤井の3四歩(38手目)から角交換。木村が8七銀(41手目)と相手の飛車を追い詰めたところで午後6時の封じ手の時刻になり、藤井はしばらく考え続けて次の手を封じた。

 立会人の中田功八段(53)は「両者とも自分の主張を通そうとしてせめぎ合いが続いている。これからの数手が勝負どころになる」と話した。

 持ち時間各8時間のうち1日目の消費時間は木村が3時間46分、藤井が4時間7分。2日目の20日は午前9時に再開し、夜までに勝負が決まる見通し。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ