名物かき小屋、今季から屋根付き ベイサイドに飲食スペース登場

西日本新聞 社会面

 博多湾に面した複合商業施設「ベイサイドプレイス博多」(福岡市博多区)に、屋外施設「ベイサイドキャノピー」がお目見えした。

 冬季(12月~翌年3月)に約1万人が訪れる名物のかき小屋の場所に、屋根付きの飲食スペースとして開設した。海風が吹き抜け、広さは調理場を含めて約177平方メートル。40席がある。現在は開業イベントでビアガーデンを開いている。

 かき小屋は、これまで仮設テントで営業していたが、今季からキャノピーに風よけの幕を下ろして開業する。「食事をしながら、博多湾のロケーションを楽しんでもらえれば」と担当者。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ