【動画あり】王位戦「封じ手」ってどんなもの? 藤井棋聖の直筆公開

西日本新聞

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑んでいる第61期王位戦の7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)は20日午前9時、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で再開した。

藤井棋聖の直筆の封じ手

 両者は前日の対局を初手から再現した。読み上げられる差し手に従って数分間、次々と駒を進めた。続いて立会人の中田功八段(53)が封じ手を開封。後手番の藤井棋聖が封じ手「8七同飛成」(42手目)を指し、2日目の対局が始まった。

 封じ手とは、2日間のタイトル戦で指し掛けとなったとき、2日目の最初の一手を盤上に指さず、紙に書いて封印しておくもの。この日は、藤井棋聖が力強い字で書き入れた紙が報道陣に公開された。

 藤井棋聖の3連勝で迎え、あと1勝で最年少での二冠と八段昇段を達成する。20日夜までには勝敗が決まる見通し。対局の模様は西日本新聞WEBでも速報している。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ