【動画あり】藤井新王位に聞く 思い出の場面は?今後の目標は? 記者会見の詳報

西日本新聞

 将棋の第61期王位戦7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)は20日、福岡市の大濠公園能楽堂で行われ、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)を破って、4連勝で新王位に就いた。史上最年少でタイトル二冠と八段昇段を達成した新王位は、対局後に同市のホテルで記者会見し喜びを語った。主な一問一答は次の通り。

藤井聡太新王位の記者会見

 -7番勝負を振り返ってどのような内容だった?

 藤井 自分にとって8時間の2日制は初めて。その中で一手一手自分なりに考えて指せた。木村先生にこちらが気づいていない好手を指される場面もあって、課題を感じた。

 -作戦の選択はどう考えていた?

 藤井 なるべく7番なのでいろいろな戦型で指せればと思っていた。

 -予選から全勝だったが、思い出に残る場面は?

 藤井 王位戦は予選で敗退していたので、今季は王位リーグに入ることを一つの目標にしていた。羽生(善治)先生との対戦、永瀬(拓矢)先生との対戦もありいい経験だった。

 -2020年の夏を総括すると?

 藤井 二つのタイトル戦で初めてのことも多かった。盤上、盤外どちらでも得がたい経験をした。

 -高い勝率、好調の要因をどう分析する?

 藤井 コロナの影響で2カ月弱対局のない期間もあった。その中で何というか、普段以上にじっくり将棋に取り組めた。再開してから渡辺(明)先生、永瀬先生、木村先生というトップ棋士の方と多く対戦できて、成長の糧になっていると思う。

 -棋聖戦の後に「ピークは25歳前後」と言っていた。未来をどう描く?

 藤井 強くなるという目標はどこまでいっても変わらない。7番勝負でも勉強になった。成長につなげていきたい。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ