超低空飛行の艦載機は既に手が届きそうに近い 言葉を刻む(67)

西日本新聞 社会面

超低空飛行の艦載機は既に手が届きそうに近い

 (福井県敦賀市、岸本博義さん)

 敦賀駅に勤務していた。艦載機が現れたのは1945年7月30日午前。B29の焼夷(しょうい)弾攻撃から3週間もたっていない。米軍機の爆音を聞いた。車両の打音検査で小さな異常も聞き分ける自慢の耳。「いつものB29と違う」と直感した。防空壕(ごう)へ走ったが間に合わない。とっさに貨車の端に潜り込んだ。同時に、車両のもう一方の端に爆弾が落ちた。ガーンと大きな金属音がして、何も聞こえなくなった。両耳の鼓膜が破れていた。右腕に破片が食い込み、あごがぱっくり切れた。傷は今も残る。当時86歳。

 =2015年福井新聞取材

   ◇   ◇

 西日本新聞は戦後75年の節目を多角的に伝えていきます。戦争世代にしか語れない証言、後世に残したい手記、保管している資料などの情報を以下の要領でお寄せください。内容に応じて、記者が問い合わせや取材を行います。

 住所、氏名、年齢、連絡先を明記し、手紙かファクス=092(711)5110、無料通信アプリLINE(ライン)で「あなたの特命取材班」へ。

 【宛先】〒810-8721(住所不要)西日本新聞 あなたの特命取材班

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ