「選択と集中」は…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 具志堅 聡

 「選択と集中」は必ずしも正解ではない-。最近、複数の地場経営者から同じ話を聞いた。一部の事業に経営資源をつぎ込んだり、部品の調達先を海外などに絞ったりした結果、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う環境変化に対応が遅れた企業がある▼2021年3月期決算で巨額赤字を見込む日本製鉄や日産自動車は、生産能力の縮小など事業の選択と集中を進める考えだ。リストラすれば利益は出やすくなり、今は取るべき経営戦略だと思う。決算の数字はいずれ急回復したように見えるはずだ▼一方で過度な選択と集中に走り、成長投資がおろそかになれば衰退につながる。3月期決算の地場企業は秋に中間決算を発表する。コロナ禍で選択と集中を進めるのか、それとも…。地場経営者の戦略に注目したい。 (具志堅聡)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ