「4連勝は望外。課題も見えた」藤井新王位 強さ底なし、二冠は通過点か

西日本新聞

「分岐点で勝負」が的中

 第61期王位戦7番勝負第4局で、藤井聡太新王位(18)は、「封じ手」からの再開直後に木村一基前王位(47)に攻勢をかけ、圧倒的な強さを見せた。最年少での二冠獲得と八段昇段にも、いつものように喜びは控えめだった。「4連勝という結果は望外。実力以上の結果が出たのかなという気はします」。予選から負けなしでの堂々の完勝。一見穏やかな18歳の、底知れない強さが際立った。

 20日午前9時からドラマチックな展開は待っていた。1日目の終盤に36分考えた封じ手は「8七同飛成」。飛車を逃がす手もあったが、選んだのは飛車を犠牲にする手。悪い方に転ぶ可能性があるが、「局面として分岐点。少し苦しいかなと思ったけど勝負した」。

 この手が功を奏し、2日目は序盤から激しい展開に持ち込んで攻勢に立った。右肩を落とした前傾姿勢で盤面を凝視。時折、前後に体を揺らしながら指し回す。初めての2日制対局戦にもかかわらず、落ち着いて相手を追い詰めた。午後4時59分、木村前王位が投了を告げると、深々とお辞儀をした。

 「タイトル戦で自分の課題も見えた。そういったところを改善して、強くなっていきたい」。終局後、福岡市内のホテルで開かれた記者会見でも勝利の喜びより、向上心、課題についての言葉が目立った。

 新型コロナウイルスの影響で2カ月弱対局がなかったことも「普段以上にじっくり将棋に取り組めた」と前向きに捉える。デビュー当初は序盤、中盤で崩れる場面があった。今は「中盤の指し回しはデビュー当時と比べたら成長できている」と自信を持っている。

 師匠の杉本昌隆八段(51)は「プロ入り後の29連勝が第1次、今は第2次藤井ブームです。いずれ複数冠を取ると思っていたけど予想以上に早い」と舌を巻く。

 藤井新王位は25歳前後が自身のピークとみるが、将来について問われると「強くなるという目標はどこまでいっても変わらない」。どこまで強くなるのか。二冠はほんの通過点にすぎないようだ。

(小川祥平)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ