お母さんが看護師だったら…古賀市で「コロナ差別」考える授業

西日本新聞 ふくおか版 今井 知可子

「私にできること」考える契機に

 新型コロナ感染への不安から、治療に携わる医療従事者や家族が地域で避けられたりする「コロナ差別」。身近で実際に起きている問題に向き合おうと、福岡県古賀市花鶴小の芝尾大樹教諭(38)が自作の道徳教材で授業を行っている。主人公は看護師の母を気遣う小学生の女の子。子どもたちは「差別はよくない」から一歩踏み出し、「私には何ができるだろう」と考える。芝尾教諭は「自分のこととして受け止めてくれた」と手応えを感じている。

 芝尾教諭が作成した教材タイトルは「温かい手」。看護師として新型コロナ感染者の世話で忙しいお母さんと、休めない母を心配する「わたし」の姿を描く。

 「このまま死んでしまうんですか」。高熱にあえぐ男性患者に、「大丈夫ですよ。じきに下がりますよ」と笑顔で答えるお母さん。患者にとって看護師は、直接話ができる数少ない相手なので、気持ちをじっくり聞くのが大切だ。

 「おまえの母ちゃんって、○○病院だったよな? あそこって、コロナの人が入院してるんだろ?」-ある日、同じクラスの男子に言われ、逃げ出したい気持ちになった「わたし」。「お母さん、もう病院に行くのやめてよ」と言ってしまう…。

 この教材を使った授業は今月から始めた。「もし自分だったら、病院で働き続けたいと思う?」。芝尾教諭の問いかけに、子どもたちの意見は「働きたい」「いや働きたくない」と半々に分かれる。

 「このお母さんは、何か悪いことをしたのかな」。問い掛けのたびに、子どもたちは意見を出し合う。「なぜお母さんは、やめると言わなかったか」と聞くと、「差別される悲しさより、患者さんを助けたい思いが強かったから」「患者さんを少しでも楽にさせたかったから」「家族に会わせてあげたかったから」などと発言が相次いだ。

 学習を終えて、子どもたちは何を思ったのか。5年生の女児(10)は「私にはコロナを収束させることはできないけど、相手の気持ちを考えて差別をなくすことはできる」。「医療従事者への思いが変わった」。「これまでは私の病気を治してくれてありがとうと思っていた。今は、いろんな人を助けてくれてありがとうという気持ちです」。

 芝尾教諭は「医療従事者のために何かをしたいという意見が多く出た。次の行動につながるかもしれない」と、子どもたちのさらなる一歩に期待を込める。

 (今井知可子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ