「コロナ院内感染」教訓どう生かす 福岡県クラスター1例目 新小文字病院院長に聞く

西日本新聞 医療面 吉武 和彦

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が福岡県で最初に発生した新小文字病院(北九州市門司区)の甲斐秀信院長が西日本新聞のインタビューに応じた。外傷で入院してきた患者の感染を疑わず、職員19人が院内感染した事態にどう対応し、教訓をどう生かしているか聞いた。

 -最初に感染が確認された患者への対応は。

 「3月16日未明、後に新型コロナの陽性と判明する80代男性が救急車で運ばれてきました。自宅で転び頭と顔をけがしていたため、医師や看護師ら4人が傷口を縫うなど治療に当たりました。男性は発熱もせきもありませんでしたが、4人は医療用マスクにゴーグル、キャップ、ガウン、手袋姿。救急救命室(ER)では感染を防ぐため常にこうしたフル装備で対応します。4人はその後のPCR検査で陰性でした」

 -スタッフの感染が急患対応時でないならば、いつどのように感染したのか。

 「救急処置の後、男性が入院のため外科の病棟に移ってからのことです。男性は入院の翌日からたまに発熱するようになりましたが、すぐ平熱に戻り、他の症状もないため原因が分かりませんでした。2日連続で38度台の熱が出た30日、胸をコンピューター断層撮影(CT)で調べてみると、肺にすりガラス状の影が見え、PCR検査で31日に陽性が判明したのです」

 「この間、看護やリハビリを担う職員の中にマスクを着けていない人がいました。当時はマスク不足で、当院では感染リスクが低い外傷などの患者に対しては『手洗いや消毒をしっかり行えば必ずしもマスクはしなくてよい』と指示していたのです」

 「4月1日から、患者や職員ら計約900人に順次PCR検査をし、職員19人の陽性が分かりました。全員無症状でしたが、隔離入院してもらいました」

 -最初に発熱した時点でなぜ検査しなかったのか。

 「男性が入院した当時は福岡県内の感染者はまだ少なく(3月16日までに3人)、外傷患者ということもあり感染を疑いませんでした。当院にも感染が疑われる患者が4人いましたが、いずれもPCR検査で陰性だったため、『この地域に感染者はいないのでは』とさえ考えていました」

 「当院はインフルエンザなどの院内感染を起こしたことがなく、対策に自信がありました。それがコロナに突き破られるとは。思い上がりがありました」

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ