学校プリント多言語化 5外国語に対応 佐賀市がひな型作成

西日本新聞 佐賀版 米村 勇飛

 外国語を母国語とする保護者への学校からの情報伝達を助けようと、佐賀市は小中学校から各家庭に配布する一部文書を多言語するための、ひな型を作成した。授業参観や校納金、運動会といった7種類の学校行事について、五つの外国語と「やさしい日本語」に対応。市は共生社会実現の一助にしたい考えだ。

 市国際課によると、市立小中学校には現在、母国語が外国語などで日本語教育が必要な児童生徒が8カ国約60人在籍。外国出身者に日本語学習の支援を行う市国際交流協会にも保護者から「学校の配布物の内容が分からない」などの意見があり、同課が作成した。

 多言語化した文書は、小中学校で共通の行事を選んだ。市内在住の外国籍児童生徒などが主とする母国語から、言語は英語、中国語、韓国語、ベトナム語、タガログ語で翻訳。簡単な日本語が読める親子向けに、漢字にルビを振るなどした「やさしい日本語」版も作成。時候のあいさつなども省き、内容がより正確に伝わるように工夫した。

 文書は使用時に日時や場所、固有名詞などを入れ替えればすぐに使える。ひな型のデータは市教育委員会を通じて、7月末に市立の全小中学校に送付。市は必要に応じて、新たなバージョンも作成したいという。

 文部科学省によると、学校文書の多言語化は近年、全国の自治体で導入する傾向にあるという。担当者は「国際化の中で、文書の多言語化の重要性はさらに大きくなる」と話す。

 市では近年、ベトナムを中心に外国出身者が増加傾向にある。同課の武富将志(まさゆき)課長は「多文化共生社会では、多言語間でも情報伝達やコミュニケーションが重要。文書を使って、苦労を取り除いてほしい」と話している。 (米村勇飛)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ