福岡3児死亡事故14年 事故現場などで追悼「飲酒運転ゼロ」誓い新たに

西日本新聞 夕刊 古川 大二 長松院 ゆりか

 福岡市東区で2006年8月、市職員(当時)による飲酒運転で、幼いきょうだい3人の命が奪われた追突事故から25日で14年となった。事故現場では市民らが静かに手を合わせ、3児を供養する地蔵がある寺では保育園児が花を手向けて「飲酒運転ゼロ」を誓った。

 現場となった同区の海の中道大橋では早朝から通勤やジョギング途中の人たちが足を止めて黙とうし、3児に思いをはせた。午前10時すぎには市職員4人が手を合わせた。うち2人は今年4月に採用されたばかりで、上司が事故を伝えるために連れてきたという。

 初めて足を運んだ新人職員(22)は当時、小学生だった。「テレビのニュースで見たのと比べて橋から海面まで高さがあり、亡くなった子どもたちは相当恐ろしい思いをしたはず。8月25日を迎えるたびに気を引き締めたい」

 同区馬出の妙徳寺では、馬出保育所の園児24人がきょうだいが好きだったヒマワリを3児を弔う3体の地蔵に供えた。代表の園児は「(大人が)お酒を飲んで運転しないようにお参りに来ました」とあいさつした。

 田口美穂所長(58)は「事故の記憶を風化させることなく、飲酒運転の恐ろしさと悲惨さを忘れないよう毎年来ている」と話した。園児たちは「飲酒運転はしないでね」と書いたカードを両親らに手渡すという。(古川大二、長松院ゆりか)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ