【やさしい日本語】今年(ことし)の 夏(なつ)は「熱中症(ねっちゅうしょう)」に  なる 人(ひと)が  とても  多(おお)い

西日本新聞

熱中ねっちゅうしょう(heatstroak)は、からだなかに  ねつが  たまって、あたまが  いたく  なったり、気分きぶんが  わるく  なったりすることです。

今年ことしの  なつは、いつもよりも  熱中ねっちゅうしょうに  なるひとが  とても  おおいです。

今年ことしは、あたらしい  コロナウイルスが  ひろがって  います。

マスクを  つけると、とても  あつく  かんじます。

そして、あまり  そとに  ないので、からだが  よわって  います。

医者いしゃは「ウイルスで  具合ぐあいが  わるいのか、熱中ねっちゅうしょうなのか、すぐには  わかりにくいです」と  心配しんぱいしています。

熱中ねっちゅうしょうの  ひとが  えると、病院びょういんが  もっと  大変たいへん  になります。

熱中ねっちゅうしょうに  ならないように、部屋へやでは  なるべく  エアコン(Air conditioner)を  使つかいましょう。

そして、まどを  ときどき  けましょう。

べつの  医者いしゃは「ほかの  ひとと  2メートル  以上いじょう  はなれて  いれば、マスクを  つけなくても  いいです」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ