福岡新たに53人感染 新型コロナ 6日連続100人下回る

西日本新聞 社会面

 福岡県では25日、新型コロナウイルスの感染者が新たに53人確認された。1日の感染者数は、6日連続で100人を下回った。県は陽性が確認されて入院中だった60代男性が死亡したと発表した。

 福岡市の感染者は38人。これまでに陽性が判明した3人を含む50~80代の男性4人が重症化し、重症者数は11人となった。このほか、クラスター(感染者集団)認定された東区の香椎原病院では患者と職員の6人の感染が分かり、同病院の感染者数は19人に。

 北九州市は、30~80代の男女4人の感染を発表。市によると、クラスターが発生した小倉南区の介護付き有料老人ホーム「さわやか螢風館」に入所する同区の80代女性の陽性が判明し、同施設での感染者は県確認分を含め31人となった。

 両市と久留米市を除く県内の新規感染者は11人。クラスターが発生した粕屋町の福岡青洲会病院に勤める30代女性看護師の感染が確認された。同病院での感染者は68人となった。

 佐賀県では、佐賀市の50代男性の感染を確認。長崎県では、長崎市や対馬市の50代男性など4人の感染が明らかになった。熊本県では熊本市中央区の20代男性など5人、宮崎県では未就学の女児や60代の男女など5人、鹿児島県では20代男性と40代女性の2人の感染が確認された。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ