小中4校休校 きょうから、3校でコロナ感染者 福岡市

西日本新聞 社会面

 福岡県では26日、新型コロナウイルスの感染者が新たに59人確認された。1日当たりの感染者が100人を下回るのは7日連続。県は、既に感染していた県内の70代男性が死亡したことも明らかにした。同県の死者は計53人となった。

 福岡市の新たな感染者は38人。20代無職男性の再陽性も確認した。県警は、市確認分に福岡東署勤務の50代男性警部補が含まれていると明らかにした。

 また、市教育委員会は多々良小(東区)、住吉中(博多区)、玄洋中(西区)で児童生徒各1人の感染が確認されたとして、住吉中と同一建物の住吉小も合わせた4校を27~29日の期間、休校すると発表した。

 北九州市は40~80代の男女6人の感染を確認。県が発表した感染者は10~80代の男女15人で、大川市の高木病院では看護師ら職員2人と患者4人の感染が判明した。前日にも医療従事者1人が陽性となっており、院内でクラスター(感染者集団)が発生したとみられる。

 佐賀県は、神埼市に住む10歳未満の女児と20代女性の感染を発表。長崎県では、壱岐市内の病院に福岡市から通勤する60代非常勤医師の男性など4人の感染が確認された。

 熊本県内では、高森町の40代女性保育士ら5人の感染が新たに判明した。また、熊本市は、市内の繁華街にあるバーなど4軒で25日までに従業員や利用客の男女17人の感染を確認。大西一史市長は会見で「複数の飲食店全体が一つのクラスターを形成している」との認識を示した。

 大分県などは、大分大医学部付属病院の30代男性医師など、20~50代の男女3人の感染を確認。鹿児島県は感染者2人の死亡と、姶良市の50代女性1人の感染を確認したと発表した。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ