かんぽ「おわび行脚」で再開 日本郵政が営業自粛解除 昨年7月以来

西日本新聞 一面 宮崎 拓朗

 かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、日本郵政グループは26日、昨年7月から続けている保険営業の自粛を解除し、本格的な営業再開に向けた準備に入る方針を発表した。具体的な時期は示さなかった。記者会見した日本郵政の増田寛也社長は「ただちに積極的な営業活動をするのではなく、おわび活動から始める」と語った。

 これまでは営業の自粛として顧客宅への訪問を控えてきた。解除後は営業担当者による訪問を認め、まずは謝罪に専念する。この間、担当者側からの積極的な商品提案はしない。その後、時期を見極めた上で、本格的な営業を再開する。

 増田氏は会見で「お客さまに、顧客本位の企業グループに生まれ変わる決意を説明することで、新たに第一歩を踏み出したい。今年度いっぱいは、おわび行脚をするだけで精いっぱいになる」と述べた。

 一連の不正販売問題を巡る郵政グループの役員や社員の処分では、日本郵便の営業担当者や管理者の計642人を新たに懲戒処分にしたと発表。特に手口が悪質と判断した営業担当者7人を懲戒解雇、営業成績が低迷する社員へのパワハラ行為が確認された現場管理者1人を停職処分にした。

 懲戒処分は日本郵便とかんぽ生命で累計1217人となった。処分者はさらに膨らむ見通しだ。

 また、保険商品と投資信託を同じ顧客に販売した際に、虚偽の説明をするなど法令違反の疑いがある事例が新たに見つかったことも明らかにした。現時点で関与が疑われる社員43人を営業活動停止にするとともに、約2万2千人の顧客に対し意向に沿った契約だったか確認を始めるという。

 日本郵政グループは、かんぽ生命の不正販売問題が発覚したことを受けて、昨年7月から保険営業を自粛。昨年12月には金融庁と総務省が3カ月間の新規販売業務の停止処分を出した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ