「まずは静養していただきたい」 福岡市長、安倍首相を気遣う

西日本新聞 塩入 雄一郎

 福岡市の高島宗一郎市長は28日午後、報道陣の取材に応じ、安倍晋三首相の辞任表明について「福岡市はアベノミクスを日本で一番背に受けて成長した都市。国家戦略特区天神ビッグバンなどにつながった。辞任は非常に残念だ」と語った。

 高島氏は25日に官邸で行われた教育再生実行会議で首相と同席。声に張りのない様子を見て心配していたという。「その前にちょっと電話で話して『総理頑張ってくださいね』と励ました時は(首相から)弱い言葉はなかった。いろいろ考えられたのだと思う」

 首相について「嫌われてでもやるべきことをやっていく政治家。コロナで休めなかったので、まずは静養していただいてご自身の体と向き合っていただきたい」と気遣った。

(塩入雄一郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ