福岡市の傾きマンション 住民9割「建て替え」賛同

西日本新聞 社会面 今井 知可子

 福岡市東区のマンション「ベルヴィ香椎六番館」でくいの施工不良による傾きが起きている問題で、住民の9割超が建て替えに賛同していることが30日分かった。販売した共同企業体(JV)は同日、住民説明会を開き、建て替えを前提に補償費用などを説明。長年不具合が発生したことに対する「迷惑料」を各戸に支払うことも明らかにした。

 このマンションは若築建設などが施工し、同社と福岡商事、JR九州によるJVが販売した。1995年の入居直後から床や壁のひび割れや隙間など不具合が多発し、住民側は補修を求めてきた。JV側は施工不良を認め、7月に3社社長が現地で住民に謝罪した上で、補修と建て替えの2案を住民に提示していた。

 管理組合が今月、六番館住民60戸に対して行ったアンケートでは9割超の住民が建て替え案に賛同。JV側は説明会で、建て替えを前提に工事に伴う引っ越し費用や仮住居の家賃などJVが負担する費用を示した。「迷惑料」は床の傾きや壁・天井の隙間、ドアの開閉状況などを来月調査した上で、居住年数も加味して算定するという。

 建て替えには「六番館」住民の5分の4の議決と、周辺棟も合わせた住民の4分の3の承認議決が必要。議決は11月に行われる。JV側は建て替える場合、最短で来年4月にも着工すると説明した。 (今井知可子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ