作家の関川夏央さんは自身の夏休みの終わり頃を振り返り…

西日本新聞 オピニオン面

 作家の関川夏央さんは自身の夏休みの終わり頃を振り返り、「名づけようのない感情に駆られた」と表現していた。学校が始まれば身を持て余さないで済むという安堵(あんど)。対して、何も事を起こさずに10代の夏が過ぎる焦燥。相反する思いが「縞(しま)模様でやってきた」と

▼似た感慨を抱いた人も多いだろう。個人的にはこの時期、当初の計画ではとうに終わっているはずの宿題になお追われるという切迫も加わった

▼きょうは8月最終日。翌日から新学期だった時代には、安堵と焦燥と切迫がピークの1日となった。今年はコロナ禍で夏休みが短縮され、既に授業を始めている学校が大半。8月末の情景も例年と様変わりした

▼一方で、学びたくても学べない学生たちの窮状は変わるどころかさらに深刻だ。親の収入減が授業料の支払いに影響する。アルバイト先を失い、生活費を補えないケースも相次ぐ

▼インターネットの授業は行えるものの、実技実習は限界で思うような技量が身に付きにくい。登校機会の少ない今春の新入生たちは「友達ができない」と不安を募らせる。物心の理由で退学を選ぶ、あるいは検討する若者も少なくないと聞く

▼何とか頑張って、と書くのが新聞コラムの定番だろう。けれど事態は差し迫っている。言葉では支えきれない状態かとも思う。それでも言葉で励ましたい。盛夏が過ぎれば穏やかな季節がきっと来る。夢は諦めないでと。

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR

注目のテーマ