鹿児島らしさ“ギュー”っと詰まった「かごうしママ」 和牛五輪PR

西日本新聞

 鹿児島県は、2022年に開かれる和牛の品評会「第12回全国和牛能力共進会鹿児島大会」のマスコットキャラクター「かごうしママ」を発表した。大会に向けたPRに活用する。

 5年に1度、全国持ち回りで開かれる共進会は「和牛のオリンピック」と呼ばれ、鹿児島開催は1970年以来。同県は前回大会で初の総合優勝を果たし、連覇への期待がかかる。

 マスコットは「黒毛和牛のお母さん」という設定で、デザインと名称は県内からの公募で決まった。桜島や鹿児島湾を泳ぐイルカが描かれ、県の担当者は「鹿児島らしさが“ギュー”っと詰まってます」。

鹿児島県の天気予報

PR

鹿児島 アクセスランキング

PR

注目のテーマ