「包丁は盗んだ」15歳少年、バスで福岡へ 女性刺殺事件

西日本新聞 社会面 山口 新太郎 木村 知寛 長松院 ゆりか

 福岡市中央区の商業施設で8月28日夜に女性(21)が刺殺された事件で、現場で包丁を所持していたとして銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された少年(15)が「女性を刺した。包丁は盗んだ」と説明していることが31日、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は同日、少年が中学3年に相当する年齢で、住民票上の住所は県外と発表した。

 捜査関係者によると、少年は26日に九州の少年院から県内の更生保護施設に移り、27日夜に施設から失踪した。その後の行動について、少年は「バスに乗って福岡市に行った」と説明しているという。

 県警によると、少年は「施設に戻るつもりはなかった」と供述。施設からの失踪時と逮捕時の所持金はなく、何らかの手段で現金を手に入れて、公共交通機関を利用したとみて調べる。

 女性は28日午後7時35分ごろ、同市中央区地行浜2丁目の大型商業施設「マークイズ福岡ももち」1階の女子トイレで倒れているのが見つかった。

 捜査関係者によると、女性は首など上半身を中心に10カ所以上の刺し傷や切り傷があり、大量に出血して血だまりがあった。遺体を外から運んできた形跡はなく、県警は女性がトイレ内で殺害された可能性が高いとみている。少年が持っていた包丁に付いた血液からは、女性のDNA型が検出された。

 マークイズ福岡ももちは臨時休館を続けていたが、31日、事件から3日ぶりに営業を再開。出入り口を中心に警備員を増やし、警備体制を強化した。施設を訪れた80代女性は「事件当日も午前中に来ていたので、遭遇していたらと思うと怖い。ようやく営業再開してくれて良かった」と話した。

(山口新太郎、木村知寛、長松院ゆりか)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ