「今こそ人生歌いたい」71歳こうせつさん、先陣切りツアー コロナ禍打破へ9月再開

西日本新聞 加茂川 雅仁

 コロナ禍で音楽業界の活動自粛が続く中、フォークシンガーの南こうせつさん(71)=大分県杵築市在住=が、9月からコンサートツアーを再開する。観客を入れて公演するミュージシャンがほとんどいない今、先陣を切っての決断。電話インタビューで「勇気がいりましたが、先が見えない今だからこそ、人生を歌いたい」と語った。

 今年でデビュー50年。全国ツアーを予定していたが、2月末を最後に全て延期・中止となった。この半年間は大分の自宅で過ごし「ひたすら歌い続けてきた、自分の人生の意味と向き合う日々」だった。

 「1人で飲んでいて、自由で若かった時代の歌を口ずさむと胸がキュンとして、希望がふっと見えた」。自分を支持してきてくれた同年代のファンに向けて「あの時代の歌をもう一回歌ってみよう」と、ツアー再開の覚悟を決めた。自分もファンも高齢でリスクはあるが、定員を半数に抑えるなど感染防止対策を徹底して臨む。

 混迷する今の世界を見て、大切なのは「利他の精神」だと言う。「自分ができることを粛々とやって、助け合わんといかん」

 コンサートではそんなメッセージを伝えたいと思っている。リーダーを務めた「かぐや姫」時代を含めて数々のヒット曲があるが、一番歌いたい歌は「おまえが大きくなった時」。でも「僕といえばやっぱり『神田川』でしょ。聴いてくれる人たちが、明日も生きてみようかなと思ってもらえたらうれしい」。

 ツアーは長野県塩尻市を皮切りに、現時点で5カ所を予定。九州は11月5日に熊本城ホール(熊本市)、同6日に福岡サンパレス(福岡市)で公演する。問い合わせ先はBEA=092(712)4221。

(加茂川雅仁)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ