まだまだ暑い!福岡市で37.1度 9月の最高気温更新、太宰府市も36.5度

西日本新聞 鶴 善行

 九州地方は1日、太平洋高気圧に覆われ、各地で気温が上昇した。福岡市では9月の観測史上最高となる37・1度を記録するなど、月が替わっても猛暑は続いており、気象庁は小まめな水分、塩分の補給など熱中症対策を呼び掛けている。

 日本気象協会九州支社によると、暑さの原因は(1)強い日射の照りつけ(2)台風9号から流れ込んだ暖かい空気(3)南東風が九州山地を越えて吹き下ろすフェーン現象-という。福岡県太宰府市でも9月の最高を更新する36・5度を観測した。

 気象庁は同日、九州の太平洋側に位置する四国・東海沖と沖縄の東の海域などで、8月の平均海面水温が1982年の統計開始以来、最も高かったと発表した。太平洋高気圧の勢力が強く、日射が強かったことも原因。海面水温は9月下旬まで高い見通しで、気象庁は「台風が海面水温の高い海域を通過すると勢力が発達する傾向がある。最新の気象情報に留意を」としている。

(鶴善行)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ