出番なくとも甲冑の虫干し 神幸行列中止の藤崎八旛宮

 藤崎八旛宮(熊本市中央区)で2日、秋季例大祭の神幸行列で毎年使われている甲冑(かっちゅう)の虫干し作業が行われた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、多くの人でにぎわう神幸行列は中止。13~16日の例大祭は神事のみ実施される。

 この日は台風9号の接近に伴い、甲冑全50組のうち10組だけが木箱から取り出され、境内の屋根の下に並べられた。権禰宜(ごんねぎ)の藤岡敬士さん(38)は「恒例行事がないのは不思議な感覚。新型コロナが収束するよう、毎日祈っております」と話した。

 神幸行列の中止は、熊本大空襲があった1945年以来。勇壮な「馬追い」で知られ、甲冑などの武具を着けた随兵や飾り馬が市中心部を練り歩き、能や生け花などが奉納されている。

(松本紗菜子)

関連記事

熊本県の天気予報

PR

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR