台風10号6日九州接近へ 24時間雨量年間4分の1に匹敵 早期避難を

西日本新聞 鶴 善行

 非常に強い台風10号は4日、九州の南の海上を北西に進んだ。福岡管区気象台はこの日、7日正午までの24時間予想雨量について九州北部300~500ミリ、南部400~600ミリと発表。今後は特別警報級の猛烈な勢力に発達し、6~7日にかけて九州に接近、進路によっては上陸する可能性もある。

 気象台によると、九州北部の年間総雨量は約2千ミリで、24時間で1年の4分の1程度の雨がまとめて降る恐れがある。菅原寛史予報官は「大きな河川でも氾濫し、各地で土砂災害が起きる可能性がある」と指摘。台風が接近する前に、早めに避難するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、沖縄は6日、奄美や九州南部は6~7日に住宅が倒れるような猛烈な風となる見通し。6日は最大風速(最大瞬間風速)が沖縄と奄美で50~60メートル(70~85メートル)、九州南部で40~50メートル(55~70メートル)と予想される。

 台風10号は5日午前0時現在、日本の南の海上を時速15キロで進行。中心気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートル。(鶴善行)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ