とにかく、水。水が一番恋しかったなあ 言葉を刻む(78)

西日本新聞 社会面

とにかく、水。水が一番恋しかったなあ。歩いてばかりやったけん

 (福岡県筑紫野市、平山正士さん)

 行軍で背負う荷物は、銃剣、弾薬、食料、衣服などを合わせて約30キロ。晴れても雨でも弾が飛んでも「歩けと言われたら歩いた」。中国大陸で歩いた距離は優に2千キロ。仲間と会話する余裕などなく、のどはいつもカラカラ。首に掛けた水筒はすぐ空になり、水を見つけるたびにくんだ。ヒルが泳ぐ汚い水も飲んだ。「嫌な思い出が詰まっとるけど、一緒に歩いた仲間やけん捨てきらんと」。2015年、93歳の時に取材した際も、軍隊時代に支給された水筒を大事に保管していた。

   ◇   ◇

 西日本新聞は戦後75年の節目を多角的に伝えていきます。戦争世代にしか語れない証言、後世に残したい手記、保管している資料などの情報を以下の要領でお寄せください。内容に応じて、記者が問い合わせや取材を行います。

 住所、氏名、年齢、連絡先を明記し、手紙かファクス=092(711)5110、無料通信アプリLINE(ライン)で「あなたの特命取材班」へ。

 【宛先】〒810-8721(住所不要)西日本新聞 あなたの特命取材班

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ