台風10号、九州最接近へ 気象庁「引き続き最大級の警戒を」

西日本新聞 鶴 善行

 大型で非常に強い台風10号は6日、九州南部に迫り、鹿児島や宮崎、熊本の各県を暴風域に巻き込んだ。避難指示・避難勧告は870万人に出され、7日未明にも九州北部に接近する見通し。鹿児島県(奄美を除く)への特別警報発表は見送られたが、気象庁は「非常に危険な台風であることに変わりはない」と強調。記録的な大雨、暴風、高波、高潮への警戒を呼び掛けた。

 台風の特別警報は、中心気圧930ヘクトパスカル以下か、最大風速50メートル以上(沖縄、奄美、小笠原諸島は910ヘクトパスカル以下か60メートル以上)の台風が迫ると発表する。発表見送りについて気象庁は「安心だという情報ではない。引き続き最大級の警戒をしてほしい」とした。

 同庁によると、台風10号は6日午後7時現在、鹿児島県枕崎市の南南西約100キロを時速35キロで北に進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートル。九州の西の海上を北上し、7日午前6時には長崎県対馬市の西約40キロに位置する見通し。通過後も吹き返しの強風があり、注意が必要だ。

 7日午後6時までの24時間予想雨量は、多い所で宮崎、鹿児島500ミリ▽熊本400ミリ▽長崎350ミリ▽大分300ミリ▽佐賀250ミリ▽福岡200ミリ。7日にかけての最大風速(最大瞬間風速)は、鹿児島45メートル(65メートル)▽対馬海峡、九州西海上40メートル(60メートル)▽豊後水道、瀬戸内海、宮崎25メートル(35メートル)。

 同庁は6日、鹿児島県の鹿児島湾、屋久島、種子島▽福岡、山口県境の周防灘▽愛媛県の豊後水道周辺|について、特に高潮の危険性があると発表した。予想進路通りに進むと、細長く南に開けた湾に強風が吹き込み、高潮リスクが高まるという。

 総務省消防庁のまとめでは6日午後7時現在、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島6県の20市町村で76万3千世帯、158万7千人に避難指示が出された。避難勧告は九州7県を含めた11県で330万1千世帯、711万6千人。

 南九州道など高速道路も通行止めとなった。JR九州は同日、一部の在来線を終日運休、西鉄電車も夕方以降、順次運転を見合わせた。ともに7日は始発から運休する。JR九州は8日も新幹線と在来線について始発から運転を見合わせ、安全を確認できた区間から再開する。(鶴善行)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ