福岡市で24人感染 80代男性が死亡 新型コロナ

西日本新聞 社会面

 福岡県では6日、新たに35人の新型コロナウイルス感染が確認された。1日の感染者数が50人を下回るのは7日連続。感染が確認され、7月下旬から入院していた福岡市の80代男性が死亡した。県内の死者は計69人となった。

 福岡市では24人の感染を確認。クラスター(感染者集団)が発生していた通販会社「はぴねすくらぶ」(中央区)では、新たに社員9人の陽性が分かり、感染者は計16人となった。

 田川市の見立病院でも新たに70代の女性入院患者1人の感染が判明。同病院での感染者は計14人となった。

 久留米市では福祉施設職員の40代女性ら3人、北九州市は30代男性会社員の感染を確認。福津市の70代男性が重症という。

 熊本県は、クラスターが発生していた山鹿市の介護老人保健施設「太陽」の80代の女性入所者が死亡したと発表。県内の死者は計8人となり、このうち同施設の感染者の死亡は3人目。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ