戦争はいつ始まるか分からんもんですよ 言葉を刻む(79)

西日本新聞 社会面

戦争はいつ始まるか分からんもんですよ。真珠湾に参加した自分ですら、数日前まで知らなかったのだから

 (福岡市南区、長沼元さん)

 当時の世界最大級だった航空母艦「加賀」の乗組員として真珠湾攻撃に参加した。数日前に艦長から作戦を告げられ、船内の雰囲気は一変したという。1941年12月8日は午前0時に起床し、重さ800キロの爆弾と魚雷を汗だくになりながら数十機の航空機に装填(そうてん)した。出撃から1時間ほどして爆撃成功が伝えられると、艦内に歓喜の声が響いた。「甲板に足が着かないほどの興奮だった」。2014年、94歳の時、取材に語った。

   ◇   ◇

 西日本新聞は戦後75年の節目を多角的に伝えていきます。戦争世代にしか語れない証言、後世に残したい手記、保管している資料などの情報を以下の要領でお寄せください。内容に応じて、記者が問い合わせや取材を行います。

 住所、氏名、年齢、連絡先を明記し、手紙かファクス=092(711)5110、無料通信アプリLINE(ライン)で「あなたの特命取材班」へ。

 【宛先】〒810-8721(住所不要)西日本新聞 あなたの特命取材班

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ