先行9号が影響?台風10号「特別警報」見送りの理由

西日本新聞 一面 鶴 加寿子 鶴 善行

気象庁見解 海水かき混ぜ水温低下

 台風10号は特別警報が発表されることなく、九州西岸を通過した。進路付近の海面水温の低下で、勢力が早めに弱まったと考えられている。ただ西太平洋の水温はなお高く、台風が発達しやすい傾向は続く可能性がある。今後も大型台風への備えが必要だ。

 台風10号は、短時間に猛烈に風速が増す「急速強化」という現象を経て発達した。気象庁は非常に強い勢力を保ったまま陸地に近づく異例の台風になると予測し、早くから「特別警報級」と注意を呼び掛けた。

 しかし、実際には特別警報の発表を見送った。九州接近時の勢力予測が特別警報の発表基準である「中心気圧930ヘクトパスカル以下」か「最大風速50メートル以上」(沖縄、奄美、小笠原諸島は「910ヘクトパスカル以下」か「最大風速60メートル以上」)をわずかに満たさなかったからだ。

 気象庁担当者は、発表見送りを「予測の範囲内」と説明。勢力が早めに弱まったのは、台風9号が数日前にほぼ同じ進路をたどったことで、海面付近の暖かい海水と海中の冷たい海水がかき混ぜられたためだとみる。その結果、海面水温が下がり、台風のエネルギー源となる水蒸気の取り込み量が減ったというわけだ。

 福岡大の守田治客員教授(気象学)も海面水温の低下に注目した上で「勢力の強い10号は冷たい海水を上方に持ち上げる力も強く、ゆっくり進行しながら自ら勢力を弱めたのではないか」との見方を示す。

 九州に接近後、北上する速度を上げたことも勢力の減衰に影響したとみられる。京都大の竹見哲也准教授(気象学)は「気圧の谷の影響で、上空5千メートル以上の北向きの風に取り込まれるように速度が速まった」と説明する。

 太平洋では東側の海面水温が低め、西側で高めとなるラニーニャ現象が起こりつつある。同現象は異常気象を引き起こすことで知られ、竹見准教授は「今後発生する台風も勢力が強くなる恐れがある。九州付近の海面水温も2週間程度で再び上昇する可能性があり、油断できない」としている。 (鶴加寿子、鶴善行)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ