引きこもり、コロナで当事者や支援に影響 「身近な居場所」づくりを

西日本新聞 くらし面 河野 賢治

 新型コロナウイルスの感染拡大で、引きこもりの人や家族はこの間、さまざまな影響を受けた。親子が同居する家庭は外出自粛によりストレスが生まれ、悩みを明かす当事者の会を開けない地域もあった。支援現場の状況をNPO法人「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」副理事長の境泉洋(さかいもとひろ)・宮崎大准教授(臨床心理学)に聞いた。

 -KHJ家族会は、本人が能動的に家にいるとの誤解を与えないため「ひきこもり」という表現を使っている。コロナで当事者や支援にどんな影響が出た?

 「親子関係の悪い家庭は特に苦しかった。親が家に長くいるため、ひきこもりの子どもとけんかになるなどのトラブルがあった。コロナで収入の減った親が、子どもに『自立してほしい』とプレッシャーをかけることもあったようだ」

 「本人が相談支援機関や当事者の居場所とつながりを持てるようになったのに、コロナで行けなくなり、スタッフによる家庭訪問もできなくなった。収束した後、再びこれらの場を利用できるか不安がある」

 -就労への影響は。

 「コロナで有効求人倍率が悪化し、社会に出る壁が高くなった。企業は即戦力を求め、ひきこもりの人は後回しになる。バブル崩壊後に不況で雇用環境が悪化し、ひきこもりの人が増えたように、同じことが起こる恐れはある」

 -逆に発見もあった。

 「ひきこもりの人は、世の中が動いていると『みんなと違って自分は…』とプレッシャーを感じる。緊急事態宣言による外出自粛で、日本全体がひきこもりのような状態になり、重圧が弱まった面はある。周囲も本人の大変さが分かったのでは。理解につながれば」

 「外出を自粛し、3密(密閉、密集、密接)を避けるのは、ひきこもりの人にとって普段の生活に近い。テレワークなら自宅で仕事ができ、外に出るというハードルを越えなくていい。十分な収入を得ることができるかは別として、今のままでも社会参画や就労に踏み出せる可能性ができた」

 -コロナ禍で見えた親子のトラブル防止策は。

 「ひきこもりの人に家事をはじめ、親と助け合う『生活力』があるかが大事。これがないと、親も『なんとかしないと』と圧力をかけてしまう。仕事はできなくても生活力があれば、長い目で立ち直りを見守ることにつながる。その力はひきこもる前から身に付けるもので、大人にも責任がある」

 -この間は本人や親が集まる会も開けなかった。

 「オンラインでやりとりをした地域もあるが、高齢の親は方法が分からず難しい。そもそも生活困窮世帯はパソコンやスマートフォンがない。相談支援機関や悩みを語り合う場を利用できる人と、そうでない人が生まれ、二極化が進んだ」

 -当事者対象の「居場所」が大切と訴えている。

 「本人は悩みを社会に分かってもらえない苦しみを抱えている。居場所は当事者同士で悩みを語り合い、自分の存在も脅かされない安心できる場。ここから人とコミュニケーションを取れるようになり、立ち直りにつながることがある」

 -全国の設置状況は。

 「KHJ家族会が行政の相談窓口『ひきこもり地域支援センター』に調査したところ、全国75カ所のセンターのうち、回答のあった51カ所の4分の3が居場所を設けていた。まずまずだが、センターや居場所は県庁所在地に1カ所のことが多い。過疎地はアクセスが悪く、もっとあっていい」

 「センターのサテライトのような場を市町村ごとに設けてはどうか。役所にパソコンを置き、本人や家族がオンラインで相談や会話をできるようにする。専門知識を持つセンターの職員とやりとりでき、ノウハウを広く共有できる」

 -支援現場の課題は。

 「80代の親が50代のひきこもりの子を支えて困窮する「8050問題」や、立ち直りが難しい40代以降の対応など、難しさを増している。基本は生き方を認め、それを応援すること。本人が『こうしたい』と思うことを手伝う。自己決定を基に話を進めることだ」

     ∞∞

 「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」は23日午前10時~午後4時半、問題への理解を深める研修会を福岡県春日市のクローバープラザ5階で開く。臨床心理士ら専門職が講演する。参加費1万千円(資料代含む)。申し込みと問い合わせは家族会のメール=lecture@khj-h.comで受け付ける。 (聞き手は編集委員・河野賢治)

    ×   ×

【ワードBOX】ひきこもり地域支援センター

 引きこもりに特化した専門的な相談窓口。都道府県と政令市を合わせた67自治体が計75カ所を設置している(昨年4月現在)。社会福祉士や精神保健福祉士などのコーディネーターが本人や家族の相談に応じ、訪問して支援するほか、保健医療や福祉、労働、教育機関、民間団体につないで自立を手助けする。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ