福津の旬の食材を紹介 「暮らしの旅」レシピ本出版

西日本新聞 ふくおか都市圏版 床波 昌雄

 福岡県福津市の「あんずの里市利用組合・福津暮らしの旅運営協議会」は、2011年秋から実施している体験・交流プログラム「福津暮らしの旅」で紹介してきた旬の食材やおいしい食べ方をまとめたレシピ本「福津暮らしの旬ごはん」を出版した。

 体験・交流プログラムは、広大な田畑やウミガメの上陸する海岸など、福津の良さを知ってもらおうと季節ごとに企画。今年の夏もマダケの収穫と料理、農家とのトマトソースづくり、海の生き物探しなどの体験を準備していたが、新型コロナウイルスの影響で全て中止となり、現在は秋冬の体験を準備している。

 レシピ本は、これまでのプログラムで紹介してきた「土鍋で鯛(たい)めし」(春)、「農家さんのしそジュース」(夏)、「畦町の手打ちそば」(秋)、「福津の鶏すき」(冬)など、季節ごとに約30種類を紹介。野菜や魚、花の旬カレンダー、直売所情報も掲載している。

 A5判35ページ。福津暮らしの旅ホームページ(おふくわけページ)やあんずの里市、津屋崎千軒なごみなどで販売中。ネット価格は880円、市内での店頭販売価格は820円(いずれも税込み)。事務局(あんずの里市内)=070(7544)6641。 (床波昌雄)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ