寂しがり屋の父「やっと」 一家4人犠牲 7月豪雨の不明男性発見

西日本新聞 社会面 吉村 次郎

 大分県は8日、大分市荏隈の大分川の河川敷で人骨が見つかり、7月の豪雨で行方不明となっていた同県由布市湯布院町湯平、会社員渡辺知己さん(54)と確認したと発表した。県警が歯や顎の骨の鑑定などで特定した。

 渡辺さんは7月8日未明、妻の由美さん(51)、長男健太さん(28)、義母の登志美さん(81)の3人と車で避難中に、大分川上流の花合野(かごの)川に流された。3人は同25日までに遺体で見つかった。7月の豪雨では、県内で一時6人の行方が分からなくなったが、これで全員の死亡が確認された。 (吉村次郎)

 一時、家族4人が行方不明になった渡辺さん一家の中で、最後に発見された知己さん。家族には子どものような笑顔を見せる半面、勤務先では建設現場の監督として20年以上実績を積み上げ、頼れる存在だった。

 家族で経営した湯平温泉の旅館「つるや隠宅」(大分県由布市)は義母の登志美さんと長男の健太さんに任せていた。健太さんが地域に溶け込もうと努力し、成長する姿は知己さんの自慢だった。勤務先の建設会社社長(47)は「生真面目な知己さんが健太さんの話になると頬を緩ませ、息子が頼もしくなったと手放しで喜んでいた」。誠実な仕事ぶりは顧客にも評判で、現場監督に指名されるほどだったという。

 次男(24)は父の笑顔が忘れられない。家族全員がファンだったサッカーJ1・大分トリニータのユニホームを、次男が母の日に初任給で由美さんに贈ると「自分も欲しかったのに」とすねた知己さん。あらためて父の日にプレゼントすると「ありがとう」と無邪気に笑った。

 登志美さん、由美さん、健太さんが次々に見つかる中、2カ月も見つからなかった知己さん。諦めかけていたという次男は「父は寂しがり屋だから1人はかわいそうだった。やっと帰ってきてくれた」と静かに語った。 (吉川文敬)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ