九州初のオンライン大学入試 日本経済大、来校型も選択可能に

西日本新聞 社会面 布谷 真基

 日本経済大(福岡県太宰府市)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来年度の入学者選抜で「オンライン入試」を導入する。従来通り来校型入試も行い、選択可能にする。同大によると、オンライン入試実施を決めたのは九州の大学では初めてとみられる。

 オンライン入試は、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を通じ、パソコンやタブレット端末で受験する。10月から始まる学校推薦型選抜入試や総合型選抜入試(旧AO入試)では、画面で示された小論文や作文のテーマに、指定された字数で解答を入力して送信する。面接試験はズームでやりとりする。

 来年2月以降に実施する一般入試や特待生入試の学科試験では、画面上に問題を表示させ、解答を入力する。

 高校などの学校や自宅を受験会場として想定。作文や筆記の試験中は不正防止や連絡のためズームのカメラや音声機能を常時オンにするよう求め、監督員が画面越しに確認する。文部科学省は6月に通知した「大学入学者選抜実施要項」でオンライン活用を推奨。関東などの大学では導入が広がっている。 (布谷真基)

PR

教育 アクセスランキング

PR

注目のテーマ