福岡タワーに「中秋の名月」 紅葉、ススキ…ウサギの餅つきも

西日本新聞 社会面 下村 佳史

 空気が澄み、空高く雲が流れる秋の夜長を楽しんでもらおうと、福岡市早良区の福岡タワーで、中秋の名月をイメージしたイルミネーションがともされている。

 塔の側面には、黄金色に輝く大きな満月。その上を、はらりと紅葉が落ちていき、大地には伸び上がるススキ。秋の訪れを感じさせたかと思うと、月の中にウサギが登場し、かわいらしげに餅をつく演出もある。

 10月1日までの午後6時半~11時(9月30日は除く)に点灯する。散歩中の住民は、タワーを見上げ「コロナ禍で寂しげな街の夜が彩られ、元気が出ます」。 (下村佳史)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ