【やさしい日本語】秋(あき)の「節句(せっく)」で、石(いし)の  階段(かいだん)に 600の「ひな人形(にんぎょう)」を  飾(かざ)った

西日本新聞

日本にっぽんには、1ねんに  なんかいか「節句せっく」のが  あります。

節句せっくの  には、おいわいや  行事ぎょうじをします。

たとえば、3がつ3みっかは「桃の節句もも せっく」です。

女の子おんな  この  成長せいちょうを  ねがって、ひな人形にんぎょうを  かざる  いえが  おおいです。

9がつ9ここのかの「重陽ちょうよう節句せっく」にも、ひな人形にんぎょうを  かざることが  あります。

ひな人形にんぎょうを  あきの  かぜに  てて、むしが  つかないように  するためです。

福岡ふくおかけん  朝倉市あさくらしに、「長屋門ながやもん」という  ふるい  もんが  あります。

9がつ9ここのかもんの   まえの  階段かいだんに、600の  ひな人形にんぎょうが  ならびました。

まちの  ひとたちが、2016ねんに  はじめました。

朝倉市あさくらしは、毎年まいとしはるに、ひな人形にんぎょうを  まちの  いろいろな  場所ばしょに  かざる  まつりが  あります。

まつりを  ひらいているひとは、「あたらしい  コロナウイルスが  なくなって、来年らいねんの  まつりには  たくさんの  ひとに  て  ほしいです」と  はなしました。

もとの  記事きじは  こちら

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ