【★どうが★やさしい日本語】福岡(ふくおか)タワーの 光(ひかり)で、秋(あき)の 月(つき)の 絵(え)を 楽(たの)しむ

西日本新聞

日本にっぽんでは、あきに  つきを  て  たのしむ  習慣しゅうかんがあります。

完全かんぜんに  まるく  える  つきを「満月まんげつ」と  いいます。

1ねんに1あき満月まんげつのことを  特別とくべつに「中秋ちゅうしゅうの  名月めいげつ」と  いいます。

このは、野菜やさいや  こめが  とれたことに  感謝かんしゃします。

そして、神様かみさますための「ススキ」という  くさや、団子だんご(dumpling)や、こめを  かざります。

今年ことしの  中秋ちゅうしゅうの  名月めいげつは、10がつ1日ついたちです。

◆◆

福岡ふくおかの  福岡ふくおか  タワーは、よるに  なると  ひかります。

季節きせつに  わせて、ひかりで  特別とくべつな  を  つくります。

いまは、「中秋ちゅうしゅうの  名月めいげつ」に  わせた  です。

タワーに  おおきな  つきが  ます。が  ちたり、ススキが  びたりする  あきの  が  うごきます。

つきなかに  ウサギがいて、おもちを  つくる「もちつき」をします。

満月まんげつを  ると、ウサギが  もちつきをする  に  えるからです。

タワーの  ひかりの  は、10がつ1日ついたちまで  ることが  できます。9がつ30にちはありません。

よるに  タワーを  ると、たのしい  気分きぶんに  なるかも  しれません

 

もとの  記事きじは  こちら

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ