「ようこそ」HKT森保が声でお出迎え JR長崎駅、かもめで遊びに来て

西日本新聞 古川 泰裕

 長崎市出身のHKT48森保まどか(23)が11日、地元・長崎駅構内やホームで流れる観光PR放送のアナウンスを始めた。来年3月末まで、約30分に1回の頻度で流れる。「ようこそ長崎へ」と出迎えるほか、地元の魅力をアピールする。

 JR九州とHKTの共同観光キャンペーン「みんなの九州プロジェクト」の一環で、長崎支社独自の取り組み。森保は9月9日にJR九州長崎支社で音声を録音し、駅構内に設置された自身の等身大パネルにサインも記入。11日に自身のツイッターを更新し「ぜひ皆さん『かもめ』に乗って長崎に遊びに行って、私の声を聞いてくださいっ」と呼びかけていた。

 「みんなの九州プロジェクト」では、HKTメンバー7人がゆかりのある九州各県を「推し」として担当。観光名所やご当地グルメなどを堪能する動画を、ユーチューブのJR九州公式アカウントに順次投稿している。現在は福岡推しの田島芽瑠、佐賀推しの宮崎想乃、熊本推しの田中美久の動画計6本が公開されている。(古川泰裕)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ